化粧水 使い方

化粧水の目的と役割

 

あなたは今、どのような化粧水をお使いでしょうか。あなたはどんな目的で化粧水を使っていますか?どんな基準で選びましたか?今ご使用になっている化粧水を購入した理由はそれぞれでしょうが、その化粧水自体の強みを生かすことが一番。強みを十分に生かすことができればお肌をもっと健康にすることができます。

 

化粧水を使う事は肌に水分を補給しているというイメージを持っている方が多いでしょう。ですが化粧水の役割はそれだけではありません。汚れを拭き取り、水道水の塩素を中和し、その他にもシミ・ソバカスの予防やニキビの改善などの好影響も期待することができるのです。

 

あなたの使っている化粧水の強みは何なのか?よく確認して強みを最大限に発揮できるようにしていきましょう。

 

化粧水の正しい使い方

 

化粧水の使い方は千差万別。人それぞれに特徴があります。ある人はコットンに含ませてパッティングしていれば、ある人はで温めてから染み込ませるようにしている方もいらっしゃいます。

 

では、化粧水の使い方としてコットンと掌ではどちらがいいのか?

 

 

私の考える正しい使い方はコットンよりも掌を使った方法です。コットンを使うと肌に細かい傷を付けてしまう可能性があると考えるからです。特にニキビに対してはコットンを当てることが大きな刺激ともなってしまいます。

 

化粧水を肌への刺激が少なく染み込ませるためには掌を使ったハンドプレスで化粧水を肌に付けていきましょう。掌を優しく肌へ当てるようにして肌へ化粧水をなじませていきます。自分の肌の質を考慮しながら化粧水の量などを調節していきましょう。

 

掌の使い方

 

 

化粧水を手で付ける前には手を十分温めておきましょう。事前に洗面器にお湯を入れておき掌を温めるといいです。十分に温まった掌に化粧水を広げて掌全体で顔を覆うように包み込みながら肌へとなじませていきます。目もとや眉間、鼻の下などの細かいところは指の腹を使って極度に刺激しないよう注意してください。

 

化粧水の適量としてはその説明書、パッケージの注意書きなどにしたがいますが、人によっても適量というのは変わってきますので肌の質などにより試行錯誤して自分に合った適量というものを見つけてください

 

化粧水は少ないよりは多めのほうが良いとされています。ですが、一度に多くの化粧水を使ったとしても水分補給の量が多くなるわけではありません。基本的には少量ずつを何回かに分けて付けていくのがいいでしょう。

 

化粧水の浸透力をアップさせるために洗顔料をきれいに落とす必要もあります。ぬるまゆで何回も洗い流すのがよいとされていますが、その回数は多ければ多いほどいいもの。理想で言えば100回以上を目標にされるといいでしょう。