酒さ 妊婦

妊娠すると酒さや酒さ様皮膚炎になりやすいという方が意外と多いことを最近知りました。私の友人もそのうちの一人で話を聞いていくと妊娠して酒さになる方は珍しくはないそうです。そういえば妊娠すると肌荒れしやすくなったりシミが増えるという声をよく聞きます。妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れやすいので肌の調子がおかしくなりやすいのだそうです。

 

妊婦さんが酒さになりやすい理由としては身体のホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れると肌の状態も大きく変わります。肌の状態が変わることからステロイドに頼りすぎてしまうと酒さのきっかけになるということもあるようです。妊娠中は栄養は赤ちゃん優先で母体は後回しになりがち。普段とは肌の状態も大きく変わるので出産をきっかけに酒さになったり、酒さの症状が悪化しやすくなるそうです。

妊娠・出産で酒さにならないためには

 

妊娠や出産で酒さにならないためには自分の身体に合ったスキンケアをして食生活も規則的な生活リズムも正しくすること。当たり前のようですが、その当たり前ができないのが妊娠中や出産時です。こんな分かりきったことがどうしてできないのだろうとマイナスに考えてはいけません。

 

酒さ様皮膚炎の予防策

 

妊娠中には内服薬などの薬が飲めないので肌の不具合には塗り薬を使いがち。ですがステロイドに頼ることはせず、本当にステロイドが必要なのかをよく考えて判断しましょう。酒さの予防には安易にステロイドに頼らないことが予防策の一番です。

 

ステロイドは上手く使えば肌の炎症を抑えてくれるいいお薬ですが、塗りすぎると酒さの原因ともなりえます。一切塗っては行けないということではなく、できるだけ少量で抑えられないかを考えてみてください。よく医師と相談してその指示に従うようにするといいでしょう。

 

酒さの予防策

 

酒さに関してははっきりいうと原因不明です。どのような行為が予防につながるのかよく分かっておらず酒さ様皮膚炎が進行して酒さになるという方も多く、両者の明確な違いというものも分かってはいません。妊娠中はステロイドの使用を控えることはもちろんですが、妊娠前と同じようなケアをしないよう注意するといいでしょう。

 

妊娠中には肌が脂性に傾きやすいのでそれを意識しながらケアを行ない、紫外線対策にも気をつけ丁寧にお肌をケアするようにしていきましょう。妊娠や出産後は肌の状態が変化しやすく、なんらかの皮膚疾患を起こしやすい状態になっているので慎重にお肌のケアを行ってください。