ヒルドイド 抗炎症

ヒルドイドの抗炎症作用や注意点などについて

 

ヒルドイドは病院や皮膚科で処方してもらえる処方薬で安心して使える保湿剤として広く利用することができます。抗炎症作用があり、一般的に販売されている化粧水などが使えない場所でもヒルドイドは使用することができます

 

そんな安全性の高いヒルドイドですが、注意すべき点もあります。ここではヒルドイドの上手な使い方、注意点などをお伝えし、トラブル無くヒルドイドをお使いいただけるよう情報をお伝えしていきます。

 

ヒルドイドの主成分

 

ヒルドイドの主成分は「ヘパリン類似物質」。ヘパリンという物質に似ていることからこの名前になったそうです。ヘパリンはムコ多糖類の一種で保湿成分でコンドロイチンやヒアルロン酸などと同じ仲間です。

 

ヒルドイドはとても安全性の高い抗炎症・保湿剤でもう50年以上も使われているそう。今まで重大な副作用の報告もないそうですから安全性としてはかなり高いということができるでしょう。ヒルドイドが使われていた理由は血行障害改善のため。ですから酒さや酒さ様皮膚炎の方が使う場合は注意して使う必要があります。

 

ヒルドイドにも副作用がありますが、使ってみて肌に違和感を感じた時点で中止すれば大きなトラブルにつながることはないでしょう。

 

ヒルドイドの血行促進作用

 

酒さや酒さ様皮膚炎の症状は表皮の下で血管の拡張、皮膚が薄くなるなどの現象がおこっている傾向がみられます。ヒルドイドには血行促進作用もあり、悪化してしまう恐れもあります。

 

脱ステロイド治療の最中の方には皮膚の赤みが増す可能性もあります。ステロイド使用中、炎症を起こしている時には使用を控えるようにしましょう

 

絶対にやってはいけないことは傷口へ塗ることです。ヒルドイドはあくまでも保湿剤。酒さの症状がひどい場合には使わないほうが懸命です。

 

ヒルドイドを手に入れるには

 

ヒルドイドには注意して使うという点から使用には慎重になる必要があります。病院で処方されない場合はそれなりの理由があるでしょう。素人判断で使うことは避けるべきですが、ちょっと試してみたいという気持ちも分かります。ここでは市販薬としてヒルドイドに近い効果を試すことができる類似のお薬をいくつかご紹介していこうと思います。

 

ヒルドイドに近い効果を期待できる成分にヘパリン類似物質が入っている「グラクソ・スミスクライン」があります。

 

ヒルドイドと同等の効果を得られるという保証はありませんが、ヘパリン類似物質も安全性の高い物質として認知されています。皮膚科でヒルドイドを処方されず、医師に止められている場合は使用できませんが、ちょっと試してみたいという時なら化粧水を塗るよりはいいと思います。

 

今までヒルドイドを使っていたが、病院へ行く機会がなくなり困っているという方にはヘパリン類似物質をヒルドイドの代わりとして使用することは問題ないといえます。