酒さ あせも

酒さとあせもの関係とその対策

 

汗をかくことによる肌トラブルに「あせも」があります。あせもができる仕組みを調べてみると「大量うに汗をかいた時に汗が皮膚の中に溜まってしまうことでできる皮膚炎」という定義になっていて、皮膚の中に溜まってしまった汗は皮膚内部で移動して水ぶくれやニキビの原因にもなるそうです。

 

あせもが酒さと関係あるのか?と思われる方もいるでしょうが、額や髪の生え際は汗をかきやすく乾きにくい箇所であせもになりやすい場所です。額にあせもができてしまうと、そこから炎症が広がり酒さが悪化するということも考えられます。あせもは汗が乾かず皮膚の中に溜まってしまうことが原因ですから、こまめに汗を拭くことであせもを防いでいきましょう。

 

また、汗に含まれている成分が肌を刺激して肌荒れをおこすことがあります。汗に含まれる成分が刺激物となって肌荒れをおこすのですが、これは汗に含まれる塩分やアンモニアが刺激物となってしまいます。汗に含まれている刺激物はごく微量で普段は肌のバリア機能が働き肌荒れをおこすことはありませんが、酒さは肌のバリア機能が低くなっている状態です。外部からの刺激に弱くなっているので汗をかいたらすぐに拭く。大量に汗をかいた後は洗顔するなどして肌のバリア機能を補ってあげましょう。

 

汗やカビ菌への過剰反応

 

汗は弱アルカリ性の性質を持っています。それに対して肌は弱酸性に保たれていて、肌には常在菌が繁殖していることによりバリア機能が働いています。汗をかいた後に長時間そのままにしていると弱酸性だった環境がアルカリ性へ傾き、肌に繁殖していた常在菌のバランスが崩れてしまいます。アルカリ性になった肌はアクネ菌という悪玉菌が繁殖しやすくなり肌の炎症やかゆみが出やすくなってしまいます。肌にアクネ菌があってもバランスが保たれていればトラブルをおこすことはありません。肌を弱酸性の状態に保つためにも汗をそのままにしないようにしましょう。

 

ある大学の研究によると汗が原因でアトピー性皮膚炎が悪化するという報告もあるそうです。その原因と考えられているカビ菌は皮膚に繁殖している常在菌の一種。この菌はアトピー性皮膚炎でない方の肌にも存在しているのですが、汗と反応してかゆみの元となるヒスタミンを増殖させてしまうこともあるそう。このカビ菌を増やさないためにも汗に対する意識を高めることが重要だということは分かるかと思います。

 

また、金属アレルギーなども肌荒れの原因となります。汗で溶け出た微量の金属がイオン化してアレルギー反応をおこすのが金属アレルギー。酒さの症状がある方はネックレスやピアスなどにも気をつける必要があるでしょう。