酒さ 化粧水

酒さ改善の裏技?

酒さを一時的に改善させる裏技で献血」という方法があるそうです。確かに献血では血を抜きますが酒さにも効果があるとは思えませんでした。ですがよく調べてみると、体内の血液量が減ることで最低でも一週間くらいは酒さによる赤みが低そうです。

 

実際のところ、酒さはほほの内側の毛細血管に血が残ってしまって血の赤さが目立ってしまう現象です。毛細血管まで血を届けるにはそれなりの量の血液が必要でしょう。ですので私はやったことはありませんが献血の効果自体は信じることができそうだと思いました。献血した直後は血の気が引くというわけではありませんが、色白状態になれるのだそうです

 

ですが毎週献血をするというわけにはいきません。根本的に治さなければいつまでたっても酒さの症状は出続けます。ですので、まずは酒さを改善する手始めとして化粧水から変えていこうと思いサイトを作ってみました。私なりにいろいろな化粧水を使い、効果のあるものも分かってきた。酒さに悩む方のお役に立てる情報を提供できるよう、まずはランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

オイリー肌ファンデーションランキング

 

白漢しろ彩
しろ彩は広がってしまった血管を海洋性エキスで抑えることが可能。実際に28日間の使用で86%の被験者が効果を感じたそうです。しろ彩では安全性が確認された成分しか使っていないので敏感肌の方でも安心して使用することができます。30日間返金保証付きなので気になる方は迷わず購入できるのではないでしょうか。定期コースで申込し、効果があればずっと20%オフ価格で使い続けることができます。冬は乾燥肌の方に効果的。夏は脂性肌の方に効果がある化粧水です。
価格 赤み改善 総合評価
税抜4,480円 酒さ,化粧水 酒さ,化粧水

 

ベルリアン
メイクでは隠すことができない赤いニキビでお悩みの方にはベルリアン。鏡を見るたびため息の毎日だったものが、ベルリアンの効果を実感したという声からもその効き目を疑う余地はないでしょう。定期コースのみで最大42%の割引があり、60日間返金保証と他の製品よりも長い期間の返金保証があります。定期コースは「すっぴん美肌コース」、「ナチュラル美肌コース」、「120日集中ケアコース」の3つ。赤く腫れたニキビケアにはニキビ用化粧水を使い、また繰り返さないように徹底的にケアしましょう。

 

価格 赤み改善 総合評価
税抜4,628円 酒さ,化粧水 酒さ,化粧水

 

ルナメアAC
ルナメア 植物のやさしさと浸透力でニキビの原因に直接とどく毛穴から綺麗になるニキビケア化粧水のルナメアAC。富士フィルムの独自開発した成分がうるおいとニキビの元に直接アタックしていきます。通販限定ですが1週間お手入れキットが用意され、送料無料で1,080円。1週間で14回分入っているのでルナメアの良さを十分試してみることができるでしょう。貴方は今までのニキビケアに満足していますか?ピリピリしたり肌が荒れてしまったり、潤い感がなくニキビを繰り返してしまって満足できなかったという方にはルナメアACです。
価格 赤み改善 総合評価
税抜1,080円 酒さ,化粧水 酒さ,化粧水

 

リプロスキン

リプロスキンはニキビ跡の化粧水肌の赤らみにも効果を期待できます。他にもシミや黒ずみ、肌の凹凸にも使用することができます。雑誌などの各種メディアでも大注目され、知っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。リプロスキンは周りの目を気にするほど自分の肌に自信を持てない方、ニキビ跡のお肌のメンテナンスに悩まれている方々に喜ばれる化粧水。こちらも安心の60日間返金保証がありますので安心して試してみることができます。
価格 赤み改善 総合評価
税抜4,480円 酒さ,化粧水 酒さ,化粧水

 

ビーグレン

脅威のリピート率98.5%というビーグレンのニキビケアトライアルセット。ニキビケア製品ではありますが、もちろん酒さの肌にも効果を期待できます。ニキビを繰り返すような敏感なお肌でも安心して利用することができます。ビーグレンの特徴はビーグレン独自の浸透技術を活かしたQuSome(キューソーム)という技術。スキンケア成分を角層の奥まで届ける技術で効果をさらに持続させることができます。QuSomeを利用した化粧品は他にはないのでこの技術を体感できるのはビーグレン製品だけです。
価格 赤み改善 総合評価
税抜1,800円 酒さ,化粧水 酒さ,化粧水

 

 

 

赤ら顔、酒さ専用の化粧水というのはとても少ないのニキビケア製品を多くご紹介しましたが、酒さの肌にはやはり赤ら顔専用の化粧水。皮脂性肌の方、脂漏性皮膚炎の肌には「しろ彩」です

 

 

和漢植物エキスの力で原因に直接働きかける。肌に対して安全な成分しか使用していないので極力副作用の心配がない製品ということができます。

酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎という酒さによく似た症状の病気があります。酒さとは違い、顔に副腎皮質ステロイド薬を塗った時に副作用がでる症状です。まあ、酒さの素因がある方がステロイド薬を使った時に出る症状ですね。

 

この病気は副腎皮質ステロイド薬の使用を止めることで改善していきますが、ステロイド薬を中止した直後は一時的に症状が悪化することもあります。症状がひどくなりすぎると入院が必要になることもあります。治療に使用する薬はテトラサイクリン系抗生物質を服用すること。グリチルレチン酸も有効ではあります。

 

酒さの症状が急に現れるという時は一度酒さ様皮膚炎を疑ってみましょう。ステロイド薬を使っている人は要注意ですね。

 

「酒さ」と「酒さ様皮膚炎」は同じもの?

 

ステロイド薬の副作用で酒さに似た症状がでることがあるとお伝えしました。ですが、最近の研究では酒さ様皮膚炎は元々酒さの素因があった人がステロイド薬を使うことで酒さの症状が表面に現れてきたという説もあるそうです。この説もかなり有力で、実際にステロイド薬を止めても酒さのような症状が一向に治らないという方が多くいることから「酒さ=酒さ様皮膚炎」と考えられるとも言われています。

 

あなたの顔に現れる赤らみや火照りの原因は酒さでしょうか?それとも酒さ様皮膚炎?先程申し上げたように酒さと酒さ様皮膚炎は同じものとする説もあります。そのどちらだとしても素人にその判断をすることはできません。医師に診てもらったほうが確実です

 

きちんと診断してもらうためにも過去から現在にかけての経緯、症状が出たときの状況報告などを詳細に医師へ伝えるようにして下さい。そうすることで確度ある診断ができるかと思います。

 

酒さや酒さ様皮膚炎の日常のスキンケア

 

酒さと判断するには紅斑が出ることからはじまるのですが、その背景にはいろいろな原因が潜んでいます。赤ら顔の症状がでてくる要因、炎症を起こそうとする何かがあるのです。根本的な原因はまだ解明されてはいませんが、肌が何らかの要因から自分を守るための免疫システムが絡んでいるのかもしれません。

 

どちらにしても赤ら顔になる要因を一つ一つを根気強く片付けていくしかありません。ステロイド薬を使用しているならまずステロイド薬の注視からはじめていきます。赤みの改善が進んでいくにつれ、根本的な原因も見えてくることでしょう。

 

具体的はスキンケア方法としては肌へ浸透しやすい化粧品を避けること。浸透しにくい化粧品で保護することが必要です。化粧品が雑菌が侵入するバリアとなってくれます。

 

冷たい、熱いの2つの刺激を避けることも重要です。冷たいものを避けることはそう難しいものではないでしょう。問題は熱いものから避けることです。入浴は室温をできるだけ高くしてお湯の温度を37℃から38℃台にすることです。シャワーの温度も同様に調整しましょう。

 

肌への物理的な刺激もひかえるようにしましょう。それにはメイクブラシはパフなども同様で、髪の毛先でもなるべく当たらないようにすると完璧です。毛先が触れるだけで炎症を起こす方も意外と多いそう。これらいつくもの刺激に注意することが必要となってきます。

酒さを完治させるには

 

 

酒さは完治することがない難治性と言われることがあります。医者の中でも専門的な知識を持たない方も多く、酒さは治らない病気だと思っている医師もいるようです。ですがその一方で酒さが完治したという声も聞きますし、ほぼ完治した状態を保ち続けている方々もたくさんいらっしゃいます。

 

ここでは完治することが難しいと言われている酒さについて正しい情報をお伝えすべく、酒さに関する情報をお伝えしていきます。中には酒さに対する思い込みや勘違いなどをしている場合もあります。言葉の誤解や酒さに対する認識の違いなどについてご紹介していきましょう。

 

「完治」と「寛解」について

 

なかなか治らない完治が難しい病気ではよく寛解はしても完治することはないと言われることがあります。この寛解というのはその症状が落ち着いて安定した状態を保てている状況のことを指しています。その状況を何年も続けて再発などしなければ完治ということになるそうです。いつかまた再発する可能性がある時はまだ完治したとは言えないのです。

 

この寛解という言葉の中には「また再発するかもしれないので注意して下さい」という意味も含まれています。体質改善をして完治したと思い、それまで行っていた体質改善を止めたりしないように啓発する意味が込められているのです。完治したように見えても油断は禁物ということですね。

 

酒さが完治したと思って油断して、またもとに戻るということを繰り返す方はけっこういらっしゃいます。自分がそうならないためにも完治するまでは油断してはいけません。

 

酒さを完治させるために

 

酒さを完治させるために必要なことはご自身の体調を十分理解して酒さの症状をコントロールできるようにすることです。日頃酒さの症状が現れず、症状がでない状態が普通の状態となれば完治したと言えなくもありません。現に酒さの症状がでていない状況なのですから。

 

酒さのコントロールといっても体質改善などで酒さの原因となる行為を排除する方法体質改善など自身の努力で症状を改善させていく方法の2つあります。このどちらかを行うのではなく両方をバランス良く行うことで快適に過ごせるよう努力を続けていくことが一番の改善への道になるでしょう。

 

酒さの原因を排除する方法としては外出時の紫外線対策。食べ物に気をつけたりといったことです。特定の食べ物やスキンケア方法の間違いで酒さを悪化させている場合があります。そういう心当たりのある行為、心当たりのある食事などを気をつけることで酒さの原因を取り除いていくことができます。

 

体質改善でも酒さの症状がよくなる食べ物を摂るなどの方法があります。スキンケア方法を見直したりサプリメントやお薬に頼ることもいいでしょう。子供の場合は体質改善がとても効果的です。いろいろと試行錯誤しながらご自身で進めていってみてください。

酒さ(赤ら顔)の治療法について

酒さ(赤ら顔)は顔が赤くなったりニキビのようなブツブツがでキたりするお肌の病気。症状としては顔の真ん中を中心とした顔の血管が拡張してしまうことによる病気で皮膚が薄いと赤みも目立ちやすくなります。その原因についてもいくつか考えられますが喫煙や飲酒などの生活習慣からくるものや偏った食生活などさまざまな要因が考えられます。ストレスからくることもありますので、生活習慣を正すことによりストレスが増える場合もありますのでバランス良く修正していく必要があります。

 

また、副腎皮質モルモンの過剰摂取により酒さの症状が悪化する場合もあります。この場合はモルモン摂取を中止すればいいのですが、そのほかにもニキビダニが原因となることや降圧剤などの薬が影響している場合も挙げられます。血管拡張の方は高血圧が影響していることがあり、お薬の副作用として酒さの症状がでてくることもあるのです。

 

酒さ(赤ら顔)の治療

 

酒さの治療にはとても長い時間がかかります。症状が悪化して鼻瘤といわれるだんご鼻の状態になってしまうと手術が必要になってくることもあります。酒さは完治するまで長い時間がかかるもの。途中で症状が重くなったり軽くなったりを繰り返しますが諦めることなく治療を続けていくことが重要です

 

軽度の場合は塗り薬で対応します。病院でもらう外用薬で症状をコントロールしていきますが、症状によっては副腎皮質ホルモンを使用することもあります。ニキビダニが原因の場合はクロタミトンというお薬で良くなることが多いです。多くの場合はステロイドを少し使用することで症状が良くなる患者さんが多いそうです。

 

西洋医学ではミノサイクリン、ドキシサイクリンをいう抗生物質を服用する治療が多いそうですがこの治療には副作用の起こる可能性も考えられるため、できれば他の方法をまずは試してみるということをおすすめします。漢方薬は他の方法とも同時に行えることが多いので二次的に漢方薬を試してみるということもいいでしょう。

 

レーザー治療について

 

顔の赤みが主査によるものでなく、単に毛細血管が拡張しているだけという場合があります。その場合はVbeamというレーザーでの治療が効果的です。Vbeamは導入している病院が少ないですが、健康保険が適用できることが多いので導入している施設をネット検索してみるといいでしょう。

 

Vbeamと同じような方法にSTARLUX MaxGというフラッシュランプ治療もあります。自費診療になるようですがVbeamに比べても遜色ない治療法だとされています。Vbeamなどは小さな病院では導入しているところはそう多くはありません。フラッシュランプ治療が現実的な治療法だと考えることができます。

酒さの症状は4つに分けられる

酒さはその症状によって4つのタイプに分けることができます。日本では酒さの重症度、進行具合を基準にして1度から4度までに分けていますが、海外では4つのタイプに分けるのが一般的で分かりやすいかもしれません。

 

アメリカには「全米酒さ協会」というのがあり、全米酒さ協会によると1600万人以上もの方々が酒さの症状で苦しんでいるそう。ですがアメリカ人の約8割の人はそのことについて気づいてもいないそうです。酒さは物理的におこるものだけではなく心理的不安からくるものもあります。ですから酒さについては広い知識を持たなくてはいけません。

 

酒さの症状としてよくあるのは以下のようなものがあります。

 

日に焼けたように顔が赤く見える
赤い吹き出物のようなものが鼻、頬、額などにできる
皮膚が厚くなる感じがする
血管が浮き出て見える
何の原因もなく目が充血しているように見える

 

先程お伝えしたアメリカに酒さ協会があるのも白人だという理由から。色白の白人は30代から50代の方に多く症状が見られるそうです。肌の色が白い北西ヨーロッパの肌の色の白い方に多いものだと思われがちですが、日本人でも発症することはあり、年齢に関らず発症することが知られています。

 

酒さの症状4つ

 

赤み

頬が赤くなるなどの症状で皮膚が薄い方によくみられます。治療法としては薬で対処し、レーザーを使うこともあります。完治させることは難しく、治療というより症状がでるきっかけに対処するという形で完治を目指します。

 

吹き出物

酒さの症状でニキビによく似た吹き出物ができることがあります。ですが潰しても液体が出てくることはありません。症状が軽ければ薬で治すこともできますが、その薬にはアゼライン酸やメトロニダゾールを使います。

 

皮膚の厚み

酒さの症状では鼻の周りが厚くなり赤くなることもあります。症状が軽度の場合は薬で治療もできますが、重度のものになると余分の皮膚を除去する手術を行うこともあります。

 

目の赤み

睡眠不足でもないのに目が充血して赤く見える症状もあります。目の充血は目薬などで対処していきますが、重度に慣れば眼科で診察してもらう必要があるでしょう。

 

上記のように酒さの症状はいくつかに分けられます。それぞれの症状ごとに対処法は違いますが、原因が分かりづらく完治は難しい病気とされていて慢性的な症状であるため一度症状が現れるとその状態をコントロールすることが困難です。お金をかければいいというわけではなく、その症状に合った治療をする必要があります。完治までには長い時間がかかりますので症状をコントロールしながら根気強く続けていくことが大切です。

アルコールの悪影響

 

 

酒さにはアルコールは悪影響です。ですからお酒との付き合い方に気を使うことは必要不可欠です。お酒は酒さの原因や悪化する元にもなるので注意しなければいけません。付き合いでどうしてもお酒を飲まなければいけない方もいるとは思いますが、酒さの人がお酒を飲む時に気をつけることなどご紹介していきます

 

では、なぜお酒が酒さに悪影響を与えるのか?これについてはアセトアルデヒドという成分が関係してきます。アセトアルデヒドはアルコールから作られる毒素でお酒を飲むとアルコールがアセトアルデヒドに分解され、血液の中で体中を流れていきます。アセトアルデヒドが体内を巡ると毛細血管も拡張してしまうので肌の赤みが増してきます。症状がさらに強くなる可能性も出てきます

 

腸内環境

 

アルコールを飲むと腸内細菌に悪影響を与えてしまいます。アルコールは胃で吸収されるのが1割ほど。残りが小腸で吸収されますので小腸の負担が大きくなります。小腸で吸収される時に悪玉菌やバクテリアが増殖しますので腸内環境が乱れます。ひどくなると小さな穴も空き、そこから毒素が体中へと周りやすくなってしまいます。

 

酒さの方には腸内環境が悪い方が多く、個人的には腸内環境を良くすることが酒さ解決のコツだと思っています。アセトアルデヒドと腸内環境が悪くなることが酒さに大きな影響を与えてしまいます。酒さにはストレスからくるものもありますからお酒を控えることでストレスを感じ、よけいに症状が悪くなると本末転倒です。お酒を飲まなければいけないときはもう割り切って楽しくお酒を飲むようにするとストレスを感じること無くアルコールを取ることができるでしょう。

 

お酒の飲み方

 

酒さの方がお酒を飲むときに意識してほしいことは楽しく飲むということ。そしてできれば影響の少ないお酒を飲むことです。お酒の中でも酒さに影響が強いものを以下に挙げてみます。

 

ビール
赤ワイン
ジン
バーボン
ウォッカ
シャンパン

 

アルコール度数が高いものほど悪影響があります。個人的にはビーツとウォッカが悪影響が大きいと感じました。お酒に強い人、弱い人がいますからご自身の体質に合わせてお酒を飲むようにするといいでしょう。お酒を飲む時に意識してほしいことは。。

 

お酒を飲む前や跡にウコンやヘパリーゼなどを飲んでおきましょう。
お酒だけでなく一緒に食べ物もお腹の中に入れましょう。
お酒と同じ割合で水も飲む。できれば水を多めに飲みましょう。
ゆっくりのペースでお酒を飲みましょう。

 

これだけを気をつけるだけで負担をだいぶ抑えることができるようになります。

 

乳酸菌はいい!

 

お酒を飲んだ後の腸はダメージを受けてしまっています。ですから早くダメージを回復させなければいけません。そこで出てくるのが乳酸菌です。お酒の前でも後でもいいので乳酸菌を含むものを摂っておくとダメージを最小限に抑えることができます。

 

お酒の前に乳酸菌を摂ってしまうとアルコールで死んでしまう乳酸菌もありますがそこは心配しないで大丈夫です。死んでしまった乳酸菌でも好影響を与えてくれますから。死んでしまった乳酸菌は善玉菌の餌にもなり、善玉菌を元気づけてくれます。乳酸菌はゼリー状でも飲料でもどちらでも効果を得ることができます。最近では食べるタイプの乳酸菌もあるので事前に準備しておくというのでもいいでしょう。